Webライター初心者におすすめ!Webライティングの基礎

タイトルの付け方

タイトルは、記事を見てもらうために重要な役割を担います。
SEOの観点からも、タイトルの付け方が悪いと検索順位が上がってきません。
この記事では、SEOに効果的かつ大切なポイントを説明しています。

最適な文字数、キーワード、やってはいけないことなど、7項目にまとめました。
SEO対策、読み手のことを考えた、効果的なタイトルの付け方を学べます。

SEOライティングの基本

web上で記事を作成するときに、必要不可欠になってくるのがSEO対策です。
では、SEOとは何なのか?SEOを意識した文章作成とは?
この記事では、SEOを意識した文章作成のポイントを説明しています。

1記事に対する文字数、内容の基本的な考え方、禁止事項など、5つのポイントにまとめました。
Googleからの評価を得やすい、ライティングの基礎が学べます。

伝わる文章の書き方

文章は、誰が読んでもわかるように表現しなくてはいけません。
もっと言えば、伝えたい人に伝わらなければ意味のないものになってしまいます。
この記事では、伝わる文章の書き方とコツを説明しています。

専門用語の使い方やターゲットを意識した文章、伝える内容はどうするか?など、
伝わる文章のコツをまとめました。
読み手を意識した、伝わる文章の書き方が学べます。

文章を書き終えたあとに確認してほしい5つのポイント

文章は、書いたら出来上がりではありません。
どのような記事・文章でも、必ず見直しが必要です。
この記事では、文章を書き終えたあとに確認してほしいポイントを説明しています。

誤字脱字のチェックや内容の確認、webライティング独自の改行など、見直しポイントをまとめました。
文章を書くことに慣れていても、ミスは起こります。5つのポイントをチェックしてみましょう。

文章が書けないときの対処法

文章を書かなくてはいけないのに、書けない。
そのような経験は、誰にでも起こりえることです。
この記事では、文章が書けない人の特徴と書けない問題の対処法を紹介しています。

書けない人は、完璧を求めていませんか?
書けないときには、どうしたらいいか?
そのようなときの対処法を4つにまとめました。
悩んでいる方は、是非試してみてください。

記事の見出しの付け方

記事には、タイトル以外に「見出し」というものを考えなくてはいけません。
内容をわかりやすく伝えるため、読んでもらうために重要な役割を果たします。
同時に、SEO対策にもなるので、webライティングにおいて必要不可欠な存在です。
この記事では、見出しを付ける意味と必要性、見出しのメリット・ポイントをまとめています。

見出しを付けることで、どのようなメリットが得られるのか?
また、見出しの付け方とポイントを学ぶことができます。

文章の誤字脱字を防ぐコツ

文章のミスで多いのが「誤字脱字」です。
スピードが求められるweb上の記事では、誤字脱字が頻繁に散見されます。
書籍や教科書と違い、少し大目に見られている部分もあるのでしょう。
しかし、ミスはミスです。読み手の信頼に関わる可能性もあります。
この記事では、誤字脱字を防ぐコツを紹介しています。
簡単にできることなので、参考にしてみてください。

読みやすい文章の書き方と言葉の選び方の基礎

読みにくい文章は、読み手を不快にさせてしまいます。
その結果、ユーザーは、あなたの記事から去っていくことになるかもしれません。
逆に、読みやすい文章はどうでしょう。あなたのファンになってくれる可能性が上がります。
この記事では、読みやすい文章の書き方と言葉の選び方を説明しています。

一文の長さ、漢字や敬語の使い方、リズムなど、文章の基礎をまとめました。
ユーザーに読んでもらいやすくする、文章の書き方・言葉の選び方が学べます。

文章の構成

webライティングにおいては、1つのタイトルに対して、1つの記事です。
文字数に関わらず、タイトルに対する答えを、1記事で完結しなくてはいけません。
つまり、1記事ごとに、記事の構成が必要になるということです。
タイトルを見て訪れたユーザーに、しっかりと応えられるような設計をしていきましょう。
この記事では、文章の構成を作るときのポイントを説明しています。

ニーズの分析、書く準備、設計図の作成、の3つにまとめました。
記事構成の作り方を、順序よく学べるようになっています。

文章の書き出し部分とまとめ部分

記事の構成は、「トップコピー」「ボディコピー」「ボトムコピー」の3つに分けるのが基本です。
トップコピーはタイトルや書き出し部分。ボディコピーはコンテンツ本文。
ボトムコピーはまとめやクロージングです。

この記事では、トップコピーとボトムコピー、つまり書き出し部分とまとめ部分を書くときのコツを紹介。
コンテンツの目的により書き方が変わることがありますが、読みやすい構成として伝えます。
書き出しとまとめ部分の書き方に悩んでいる方、是非参考にしてみてください。