ブログが続かない原因と対策

ブログを始めたものの、途中で挫折してしまい続かない…なんて方もいると思います。実際にブログを運営している人の多くが50記事、100記事と増えてくるとブログの更新を辞めてしまうことも少なくありません。

せっかく準備をして始めたブログだからこそ、書き続けたいものですよね。どうしたらブログを書き続けることができるのか?そのための対策についてご紹介していきたいと思います。

ブログが続かない原因とは?

ブログを始めても続かない人には必ず原因があります。その原因に自分でも気付いていないからこそ、ブログが続かなくなってしまうのです。どうしてブログが続かないのか、その原因にはこんなものがあります。

ブログの記事数にこだわりすぎている

ブログの記事数を増やすことばかりが目的になってしまっている人もいます。例えば「100記事までは毎日書こう!」と決めているうちは続けられたのに、100記事を達成した途端にブログに対しての情熱がなくなってしまったなんて声も聞きます。

もちろん、100記事を書き続けるのも簡単なことではないのですが、数を増やすことばかりが目標になってしまいます。その後も定期的に管理ができているのであればいいのですが、完全に更新がストップしてしまい放置したままになっているブログもたくさん見かけます。

それまで毎日更新していたのに、もったいないですよね。ブログの数を増やすのも大切なことですが、燃え尽き症候群にならないように、ブログの更新をしていけるのが一番です。

仕事が忙しくブログを更新する時間がない

ブログを更新したいと思っていて、ネタもあるものの時間が確保できずに更新できないと話す人も少なくありません。ブログを運営している人のなかには別に本業があったり、やらなくてはいけないこともたくさんありブログにかけている時間がない人もいます。

せっかくブログを立ち上げてアクセス数も伸びてきたのに、忙しさを理由に更新ができなくなってしまっては意味がありません。忙しさが原因であればブログの制作を外注するなど自分以外の人に依頼する方法もあります。

忙しい毎日だとなにか辞めたい理由ができたときに、ブログを中断してしまう人もいます。朝の時間を上手に使ってみたり、ブログの更新が負担にならない程度に時間を使ってみるのをおすすめします。

技術を追求しすぎてしまう

ブログを作るうえで、インターネットを調べるとさまざまな技術が出てきます。以前に比べてたくさんのノウハウがあり誰でも簡単に調べられるとうになりました。

でもこういった技術面ばかりを意識していると、記事を書くのが負担になったり義務になってしまいます。

確かに検索の上位に表示させたいと思うのであれば、キーワードや文字数なども重要にはなりますが、これが理由でブログを書くのが苦痛になってしまうのであれば一度離してみてもいいと思います。

まずは自分の書きたいことを全力で書いたうえでブログを書く楽しさを実感したうえで、あとから技術面を考えてみてもいいと思います。

他にも他のブログと比べすぎてしまったり、ブログに完璧さを求めすぎてしまっている可能性があります。またネタ探しに難航してしまいブログが続かないこともあります。

ブログが続かないときの対策方法は?

ブログを始めても続かないときの対策方法について説明したいと思います。

自分のペースを作る

ブログを制作するうえで、周りと比較していると更新することに疲れてしまいます。自分の目標をもとに無理なく続けられるペースを作っていきましょう。実際にブログを運営している人のなかには、毎日更新だとか、1日に3記事更新などとにかく更新頻度を増やしている人もいます。

これだけ記事が書ければ確かにブログとしてアクセス数を稼ぐことができるかもしれませんが、これらの情報を耳にして落ちこんでしまうのは逆効果になります。自分が続けやすいと思えるペースを作ることも大切です。

ブログを書く理由をはっきりさせる

ブログを書きたい理由をはっきりさせることによって、やるべきことが明確になります。理由がはっきりしている人は途中でブログを断念してしまうことはまずありません。

でもブログを始めた理由が漠然としたぼんやりした状態のままだと、自分が本当にやりたいことがわからなくなってしまい作業が進まなくなってしまうのです。

ブログを収益化させたいのであれば、そのためにはある程度の更新頻度は必要になります。理由はできるだけ明確にはっきりとした理由があるほうが、続けられるものですよ。

まとめ

ブログが続かないときはまずはその原因をはっきりとさせたうえで、どうしたら対策できるのかを考える必要があります。ブログが続かないと諦めるのではなく、続けられる環境を整えるだけで解消できることもありますよ。

ブログを続けていくうちに楽しいと思えると、作業ではなくブログに対してもっとやる気が出てくるはずですよ。