キーワード選定の基本と4つのコツ

SEO対策のできたサイトを作るためには「キーワード選定」が特に重要になってきます。なかにはどのキーワードで文章を作るべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。

コンテンツを最適化させるうえでも、選ぶキーワードによっても集客の結果が変わってきます。だからこそキーワード選びでは失敗したくないものです。

キーワード選定のポイントについてわかりやすく説明していきたいと思います。

キーワード選定で覚えておくべき基本とは

キーワードを決めるときに、まず考えてほしいのがあなたが検索する立場になったときどんな内容をどんな風に検索するのかということです。

スマホやPCが普及している現代において手元にあるデバイスを使って気軽に検索することが増えていると思います。気になることがあったら、ちょっと操作して検索すれば簡単に解決しますよね。ときには必要以上の情報を得ることもあります。

このことからもわかるように検索するキーワードというのは、ユーザーにとって「悩んでいて解決したいこと」「知りたいこと」「行きたいこと」「買いたいこと」になります。

例えばこれから行く目的地について経路を調べたり情報を調べるのもそうですし、欲しい物があれば情報を調べることもあります。今日の天気を調べるなど日常生活のさまざまなところで、検索エンジンを使ってキーワードを調べているはずです。

キーワードは単体よりも複合がおすすめ

単体キーワードで検索上位を狙うこともできますが、検索数の多い「ビッグキーワード」になるとそれを狙っている競合他社の数も一段と増えます。

そのためどんなに上位を狙っても1ページ目に表示させるのが難しくなり、なかなか見てもらえなくなります。それに対して複数のキーワードを組み合わせた「ロングテールキーワード」は、競合他社の数も少ないこと、よりコアで心の底から解決したいと思っている悩みに対して記事を書くことができます。

本当に解決したい悩みがあるときに、より具体的な解決策を表示して欲しいと思うと複合キーワードを入力することが多いと思います。これからキーワードを選定して行くのであれば検索数こそ少ないものの、上位に表示されやすい複合キーワードを使うのをおすすめします。

自分の要望に近い内容ほどユーザーが読み進めてくれるはずです。また、キーワードの基本は1ページにつき、1つのキーワードになります。複数のキーワードを入れたくなる気持ちはわかりますが、ユーザーの要望にあった内容を選ぶのであれば1つのキーワードが基本になります。

キーワードを選定するときのコツとは

実際にキーワードを選定するときのコツについて説明します。予算的にも限界がありますし、作る文章のキーワードを絞り込むことも必要になります。具体的な手順とポイントについて説明していきます。

キーワードの候補を出していく

キーワードを選ぶうえでどうして選定が必要なのかというと、サイトに来て欲しいユーザーにアクセスしてもらう目的があるからですよね。サイトの運営目的によっても狙うべきキーワードの内容は変わります。

最初のうちは思いついたキーワードをあげていくことから始めます。そのキーワードを検索エンジンで調べてみるとより具体的なイメージがわきやすくなります。この時点ではSEOのキーワードは意識する必要はありません

キーワードを絞り込む

先程出したキーワードのなかでコンテンツにするものを選んでいきます。関連性のあるキーワードを取得するための「サジェストワード」を取得したり、検索ボリュームについて調べていきます。

検索のボリュームは1ヶ月間の間に検索された回数のことをいいます。検索ボリュームの多いキーワードで1位を獲得すれば集客が見込めますが、競合も多い分なかなか結果につなげるのは難しいと思います。

検索のボリュームは適度なものにしつつ、コンテンツの数をある程度ためていきます。

検索ボリューム数の大きいものを最優先

キーワードをエクセルなどにまとめたうえで検索数の多いものを優先的にコンテンツで作成していきます。

目安として100以上の検索ボリュームがあり、条件は1000程度のものを選びます。それぞれ上位を摂るのは一定の条件がありますが組み合わせることによって、検索数を伸ばすことにも繋がります。検索ボリュームの少ないものでも収益に繋がることは十分に考えられます。

コンテンツの制作を行う

想定する読者や検索の意図を考えつつ記事を制作していきます。キーワードの内容からずれた記事にならないようにしながら記事を制作していきます。読者が本当に何を知りたいのかが明確になっていれば、自然とコンテンツの質も上がります。

まとめ

キーワードを選定するためにはさまざまな下準備も必要になります。どうしたらユーザーが悩んでいる問題を解決できるのかを考えながら、記事を作成するようにしてくださいね。キーワードの選び方一つでも集客の結果が変わってくるものですよ。