ランディングページの書き方と構成の基本

ランディングページの書き方に戸惑ったことはありませんか。他の文章とは違う構成のルールがあったりと、コンテンツの文章とは違う点がたくさんあるからこそ、迷うこともたくさんあると思います。ランディングページ(LP)の書き方の基本や構成について、どこよりもわかりやすく説明したいと思います。

ランディングページの書き方とは

ランディングページの書き方の基本についてですが、一つの文章として考えずにパズルを組み立てているような気持ちで作っていくのをおすすめします。ランディングページ自体はとても長い文章になるので、はじめて作るうえで難しいと感じてしまいます。

でもパズルのピースのように1つ1つが組み合わさって完成すると考えると見え方も変わってきます。そもそもランディングページの場合は、自分にとって得意な“型”を見つけることからはじめてみてください。

型さえできてしまえばランディンページも簡単に作れるようになります。

ランディングページの構成の基本とは

ランディングページには独自の構成があります。大きく分けて7つのブロックに分類されますが、それぞれに決まった役割もあるためしっかりと把握しておかなくてはいけません。

キャッチコピー(ヘッドライン)

お客様の関心のあることに対して指摘するなど、重要な部分になります。対象のユーザーがどんな悩みや課題を抱えているのかを考え、キャッチコピーを作ります。

基本的にはメインコピーが1行、サブコピー2行、写真の3つの構成になります。お客様の目に止まらなくては意味がないので、キャッチコピーは思わず読み進めたくなるもので短くまとめます。

共感部(オープニング)

お客様の気持ちに寄り添いながら、多くの人に関心を持ってもらえるように伝えていきます。お客様の気持ちを代弁しながら「そうなんだよね~」と思ってもらえるように文章を書いていきます。

1行程度の短い文章のこともあれば5行程度の長い文章になることもあります。ランディングページで紹介したい内容によっても変わります。

商品の提示(ボディコピー)

ランディングページを通して購入して欲しい商品などを説明します。事実・理由・科学的根拠などを含めて作る場合もあれば、商品の内容によって使い分けることもあります。すべての項目を必ず使う必要はなく、「何をどう書くか?」がとても重要になってきます。

文章で表現するのが難しければ商品をよりイメージしやすいように写真などを使って作っていきます。文章だけで伝えるのは難しいので魅力的だなと思える写真を用意するようにしてくださいね。

ベネフィット

お客様が商品を購入した場合、どんなベネフィットがあるのかをわかりやすく説明していきます。そもそもお客様は商品を購入することを求めているわけではありません。

商品を購入することによって抱えている問題が解決できたり、今よりも状況が良くなることを求めています。ベネフィットはランディングページにおいても重要なので丁寧に作り込むようにしてくださいね。

お客様の声

商品の良さをどんなに言葉にしたとしても「本当なのかな?」と不安に感じるお客様は多いものです。その心配が杞憂であることを事実であるお客様の声を使って証明していきます。実際に使用しているお客様の声ほど信頼できるものはありません。

また商品の実証データを使うこともありますし、使用実績などをこの部分で紹介する方法もあります。雑誌やメディアなどマスコミに取り上げられた実績はここで伝えます。

差別化

紹介している商品が競合他社とは違うことをこの部分で説明します。競合との違いがわかっていないと、お客様の多くはできるだけ安い方に流れてしまいます。そのためあなたの商品を買いたいとは思わなくなってしまうのです。

競合他社と比較したときにどんな特徴があるのか?優位なポイントも含め説明していくようにしてください。差別化がどの程度できているのかによっても変わります。

アクション(クロージング)

ランディングページでお客様の行動を促す項目になります。商品を購入するのであれば、お申込みフォームだったりボタンになります。電話での問い合わせならわかるように電話番号を載せておきます。目立つようにしておかないと、アクションに繋がりにくくなりますので注意してくださいね。

ボタンの色によってどのぐらい反応が変わるのかはわかっていませんが、一般的によく見かけるのは「緑」や「オレンジ」になります。

まとめ

ランディングページの書き方は、最初は戸惑うことも多く思い通りに作れないと感じることもあると思います。どんな型で作るとよりアクションに繋げやすいのか?を考え構成を考えるようにしてください。

ランディングページを通して商品の購入を促すのではなく、あくまでも行動を促すものになります。文章や構成、写真、デザインなども促すうえではとても重要になります。