BtoBサイトで伝わる商品やサービス紹介の書き方【基礎編】

HPやコンテンツを使って企業向けに商品やサービスの紹介をするとき、どんな文章にしたらいいのか戸惑ったことはありませんか。そもそも文章というのは他者(企業)に対して何かを伝えるための手段でもあります。

伝えたい内容や意図がしっかりと伝われば文章としての役目を果たしていることになるのです。どうしたら商品やサービス紹介が伝わりやすくなるのか?企業向けの文章の書き方について説明していきます。

企業向けに伝わる紹介文章とは

ただ文章を書くのと、伝わる文章を書くのは全く違います。文章経験がほとんどない人だと伝わる文章を書くのは簡単なことではありません。

読んだ企業が理解しやすい文章表現だったり、文章構成が理解しやすいのはもちろん、期待通りの行動を起こしてくれるようになれば「伝わる文章」が成立していることになります。文章の内容が伝わっているのかどうかを判断するには、その相手の反応を見る以外にありません。

行動してはじめて狙っている行動や意図が伝わっていると判断することができるのです。企業向けの場合は伝わる文章でないと収益をあげることにも繋がりません。

魅力的な商品やサービスだなと思っても他社と比較したときにベネフィットを感じられないと行動に移せません。いかに商品やサービスの紹介に文章が重要なのかがわかるのではないでしょうか。

企業に伝わる商品やサービス紹介の書き方とは

企業に商品やサービスについて魅力を感じてもらうための書き方を説明します。

読み手をしっかりと意識する

企業向けに商品の紹介やサービスを伝えるためには、読み手をしっかりと意識することも大切です。そもそも文章は読み手がいて、初めて成り立つものになります。

企業向けに作っているなどターゲット層をはっきりとしていないまま文章を書いてしまうと、届かない文章になってしまうのです。相手によっても書くべき内容は変わりますし、言葉の表現も変わります。

もし自分が企業の立場になったときに読んでどんな印象を持つでしょうか?本当に行動したいと思うでしょうか?相手を意識して自分がその立場になったときにどう思うのかを考えることによって、より伝わりやすい商品やサービスの紹介文に繋がっていくはずです。

曖昧なままの文章にならないように十分に注意して書き記すようにしてください。

6W2Hを意識した文章にする

企業などでよく使われるメソッドに6W2Hがあります。

  • 何を(What)
  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が(Who)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
  • 誰に対して(Whom)
  • いくらで(How much)

に沿った、商品説明文を書くのもポイントになります。

なかでも伝わりやすい文章の語順としては

いつ→どこで→誰が→誰に→何を→どうした

の流れにしたほうが理解しやすいともいわれています。個々によって多少の違いはあるにしても、この流れで実際に起こして見たほうが理解しやすいと感じるのではないでしょうか。

商品やサービスの伝え方によってはあえて順序を入れ替えるなどの柔軟さも必要になります。また、もし自分が購入者になったときに知りたい項目をプラスすることも大切です。言葉のバリエーションも増えますし言葉の説得力が増します。

どこでも同じような商品説明文には魅力を感じられないものです。購入者は何を知りたいのかを考えたうえで文章を作成します。

ときにはデメリットの記載も必要

商品説明文を書くときに、外せないのがベネフィットであるメリットを伝えることと一緒にリスクであるデメリットについても伝えることです。もし売ることばかりを考えてしまい売り手目線になってしまうと、どうしても事務的な言葉の表現になってしまいます。

商品やサービスの良さが伝わらなくなってしまうなど、文章の意味がなくなってしまいます。もちろん商品にとってマイナスになることばかり伝える必要はありません。

デメリットも記載したうえで解消法も一緒に載せることによって「それなら問題ないか」と思わせる文章も必要です。メリットばかりだと宣伝っぽく見えてしまうので、必要に応じてデメリットの部分も文章のなかに盛り込むようにしてくださいね。

二重否定や曖昧な表現は避けるようにする

商品説明文を書くときに、二重否定になるような表現はできるだけ避けるようにしてください。例えば「ないわけではない」などの肯定など聴いたときにパッとすぐに意味が理解できないような言葉遣いをしてしまうと、人にとっては取る意味合いが変わってしまいます。

ときには真逆のイメージにとられてしまうこともあるので、企業向けの商品やサービスの書き方としてはふさわしいものではありません。あいまいな表現にならないように十分に注意してください。

まとめ

企業向けに伝わる商品やサービス紹介の書き方を考えるときに、まず自分が企業側になったとき欲しいと思えるかどうかも踏まえて文章を考えてみてください。文章一つで気に留めたいと思えるかどうかが変わるはずですよ。