売れる商品説明文の書き方【基礎編】

通販で商品を紹介するうえで決め手になるのが「商品説明文」になります。限られた文章のなかで商品の特徴や機能を伝えるだけでなく、購入までのアクションを促さなくてはいけません。

商品説明文は長すぎても読んでもらえませんし、しっかりとポイントを伝えておかないと商品の魅力が伝わらない原因になってしまいます。通販の売れる商品説明分の書き方のポイントについてご紹介していきたいと思います。

通販で売れる商品説明文のポイントを抑えておこう

対面販売と違い通販の場合は、お客様と直接お話することがありません。そのため商品説明文だけで読んだお客様に伝えなくてはいけません。

これは思っている以上に難しく、正しく伝えているつもりでもなかなか伝わらず、購入に繋がらないと悩んでいる人もいると思います。ホームページに訪問してくれるお客様はいるものの、そこから商品の購入に繋がらない…なんてケースの場合、商品説明文を見直す必要があるかもしれません。

売れる商品説明の書き方について説明していきたいと思います。

どんなメリットがあるのかベネフィットを伝える

自社の商品を販売するときに、お客様にとにかく商品の魅力を伝えなくてはと気持ちばかりが焦ってしまいがちです。

こだわり抜いて制作している商品の魅力を少しでもわかって欲しいと思い、細かなスペックや機能についてわかりやすく文章に起こそうとすると思います。そもそもお客様が知りたいのは商品の機能ではありません。

その商品を使うことによって自分にどんなメリットがあるのか?自分の悩みや課題にどうやって取り組んでくれるのかという点です。商品を使ったうえでどんなベネフィットが得られるのかをしっかりと強調して伝えていく必要があります。

商品を使うとどんな問題が解消できるのかを説明文で伝えていきましょう。

語り口調でお客様に親近感を持ってもらう

商品を説明するときになんとなくぼんやりとした内容になってしまっていませんか。どんなターゲット層に購入して欲しい商品なのかを明確にしたうえで、できる限り親しみを込めた語りかけを意識したような商品説明文にします。

ただしあまりに砕けた表現になりすぎても、相手に対して失礼になってしまうので注意してください。どんなお客様に購入してほしいのか、理想のお客様像をイメージします。

そのお客様はどんな言葉で表現したら心に響くと思いますか。また、嫌悪感を感じる言葉の表現はどんなものでしょうか。実際に対面で話しかけているときのイメージで商品説明文にすると親近感を持ってもらいやすくなります。

感覚表現を上手に取り入れる

文章のなかで感覚的な表現を取り入れることによって、脳の働きを活発にするといわれています。実際に飲食業などではよく見かける方法になり、文章を通して感覚を刺激させることによって、お客様の心を鷲掴みにします。

文章を読んでいるときに読み手が“疑似体験”できるのが魅力でもあります。本来であれば文章のなかに感覚表現のような形容詞を使ってしまうと、本来の意味が伝わりにくくなってしまうのですが、商品の説明文としては感覚表現を使ってより体験しているような気持ちにするのもポイントです。

例えば食感の良さを伝えるときに「パリパリ」だったり「ジュワっとジューシー」「口当たりはなめらか」なども形容詞になります。伝え方の言葉の種類はたくさんありますので、より伝わりやすい内容を選んで使うのもポイントになります。

お客様の不安や疑問を解消する

お客様の購買意欲を高めたとしても、通販の場合は特にお客様が持っている疑問や不安を解消しない限り実際に購入には至りません。どうしてお客様が購入までいかないのかを調べていくと必ず理由があります。

例えば手頃な価格の商品であれば、お客様のなかには「安いけど本当に品質には問題ないの?」と思う場合もあると思います。安い=悪いものといったイメージを持ってしまう人も少なくありません。

例えば大量に仕入れを行うことによって、一つ辺りの価格をリーズナブルに抑えることができるなどその理由について疑問が一切残らないように答えていきます。

品質は問題がないことを書き記しておくことによって、お客様の不安を払拭することにも繋がります。また、「焦って今買わなくてもいいのでは?」という思いには、この期間中に購入してもらえると半額だったり、お得な特典がついてくるのをアピールするのも解決方法の一つになります。

他にも通販の場合は、相手がどんな人なのか、信頼できるのかわからないことから購入に対して不安に思う人もいます。ショップの運営者や、生産者の顔写真を載せて実在していることをしっかりとアピールすることも大切です。

まとめ

通販サイトでの売れる商品説明文の書き方について説明しましたが、お客様の購買意欲を促すために大切なのは「信頼」です。本当に安心できる相手かどうかをしっかりとアピールしつつ集客につなげるようにしてくださいね。