売れるアフィリエイト記事の書き方【基礎編】

アフィリエイトを成功させるためには、記事を書いて検索エンジンに評価してもらい順位をあげる必要があります。

ただ記事を書けばいいわけではなく、目的に合わせたユーザー向けの記事を書きSEO対策がしっかりとできた記事を仕上げる必要があります。

売れるアフィリエイトの記事を書くためのポイントについてご紹介していきたいと思います。

アフィリエイト記事を書くときに意識して欲しいこと

アフィリエイト記事を書くときに大切にして欲しいことがあります。

まず一つ目に「ターゲットの明確化」にあります。ターゲットを明確にせず記事を書いてしまうと、たくさんの人を集客できる反面、強豪キーワードと競わなくてはいけません。

そのためどんなに質の高いコンテンツを作っていても収益に結びつかなくなってしまいます。アフィリエイトでは収益をあげなくては意味がありません。そのためターゲットの設定は必要不可欠になります。

狙ったユーザーに記事を読んでもらうのはもちろんのこと、サイトとして仕上げていきます。強豪と闘う必要もなくなりますし、コアな内容ほど収益に繋がりやすいユーザーを手に入れることにも繋がります。

また二つ目に「ユーザーに寄り添った記事を書くこと」も重要です。どうしたらユーザーの悩みを解決できるのか?本当にわかりやすい文章になっているのか?検索したキーワードに対して必要な情報が網羅されているのかなど、総体的に判断しながら記事を作っていきます。

ユーザーにとって欲しい情報が書かれていれば滞在時間も増えていきます。でも欲しい情報が書いていないサイトは直帰率が下がってしまいます。ユーザーにとって本当に有益な内容の記事を提供できているのかを念頭に考えるようにしてくださいね。

売れるアフィリエイト記事を書くためのポイント

売れるアフィリエイト記事にはいくつかポイントがあります。売れる=SEO対策がしっかりとできている記事のことをいいます。ちょっとした意識を変えるだけでもユーザーのことを考えたコンテンツとして仕上げることができます。

誰にでもわかりやすい文章にする

売れるアフィリエイトのためには、誰にでもわかりやすい文章に仕上げるのもポイントの一つになります。読みにくい文章だと途中で離脱の原因になりますし、アクションを起こしにくくなってしまいます。

例えば問い合わせをもらう、商品の購入につなげる為にもわかりやすい文章でないと結果に繋がるはずがありません。例えば専門用語もその一つになります。ユーザーが専門用語を知らない可能性もあります。
難しい言葉が乱立している状態だと読み進めたいと思えなくなってしまいます。もしどうしても専門用語を使いたいときは、解説を入れておくといいと思います。

また文章を書くときは「それ」「あれ」などの指示語を使うのはおすすめしません。
ユーザーのなかには途中から読み進めたり、途中を飛ばして呼んでいることもあります。指示語ばかりを使ってしまうと内容が伝わりにくくなってしまいます。

どこから読んでもわかりやすい内容になるように、指示語を別の言葉に変えて書くようにしてくださいね。誰にでもわかりやすい文章というのは意外と難しく、第三者に読んでもらい、わからない文章を残さないようにしていきましょう。

キーワードを含ませること

SEOの鉄則として記事のタイトルや見出しに、集客したいキーワードを入れるようにしてください。特にGoogleの検索エンジンが注目しているのが「タイトル」や「h1」タグになります。

Googleはタイトルや見出しなどをみてどんなキーワードが含まれているのかを判断します。検索したユーザーの求めているものに最も近い記事を自動で表示されるようにしています。

そのためタイトルや見出しに集客したいキーワードを入れておかないと、検索エンジンに見つけてもらえなくなってしまいます。

記事の装飾を加えること

記事の内容はもちろん、記事の装飾についても必要に応じておかなくてはいけません。ただし装飾を施し過ぎると読みにくくなってしまうので注意してくださいね。文章のなかで強調したい内容や、下線を引くなどの作業も必要です。

また、写真を挿入したり、文章だけではわかりにくいときはリストや表にして整理するのも一つの方法です。会話風の文章にしておくだけでも難しい内容が一気にわかりやすくなり、ユーザーにも伝わりやすくなります。

少し手間はかかりますが装飾を加えるだけでも文章の印象が変わります。

まとめ

売れるアフィリエイト記事を書くためにも、必要な知識として抑えておくべき内容をまとめてご紹介していきました。キーワードの含め方はもちろん、指示語や専門用語を使わずに誰が読んでもわかりやすい文章になるように十分に注意してくださいね。

サイトは育てていくことが大切です。文章の選び方次第で印象は全く変わりますし、ユーザーがもっと読みたいと思える文章になるはずですよ。