文章の書き出し部分とまとめ部分を書くコツ

文章を作るうえでリード文と呼ばれる最初の「書き出し」部分と、最後の「まとめ」はとても重要な役割があります。特にリード文はその文章で、全体を読んでもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

世の中にはたくさんの情報が溢れているなかで、どうやったらユーザーに読んでもらえる文章が書けるのかについて説明していきたいと思います。

記事の構成の基本

記事を書く上で文章の構成の基本は「トップコピー」「ボディコピー」「ボトムコピー」の3つに分類されています。
まず、トップコピーは記事のタイトルやリード文のことをいいます。

導入文のような役割をしているものになり、ユーザーの興味を惹きつけて先を読み続けてもらうための文章になります。
次にボディコピーですが、小見出しとコンテンツの本文になり、記事のなかで最も重要なポイントになります。

全体の記事の長さによって小見出しの数は変化し、内容も変わります。最後にボトムコピーはまとめやクロージングのことをいいます。文章の締めくくりになり何を伝えたいのかによって含める内容が変わります。記事の文章構成は主にこの形になります。

ただ何を書くのかによってもこの構成は変わるので、一概にはいえません。あくまでも構成になり、この形が記事を読みやすくなる形ともいえます。

文章の書き出し部分を書くコツ

記事の構成がわかったところで、書き出し部分をどのように書いたらいいのか戸惑っている人もいるのではないでしょうか。文章でも最初の印象が悪いと記事に興味を持ってもらうことすら難しく、ユーザーを惹きつけることはできません。

文章の書き出しにはいくつかコツがあります。

話し言葉、語り言葉から始める

記事を読んでくれたユーザーに対して語りかけるように文章を始めることによって、まるで直接話しかけられているような気持ちになります。

よく文章を書くときに「みんな」ではなく「あなた」と表現するだけでも、まるで自分のことをいわれているような気持ちになります。書き出しは「あ~私もそう思っていた」と思わせることによって、ユーザーとの距離を狭める効果もあります。

どんな情報を提供するのか伝える

これから記事のなかでどんな情報を提供するのかを事前に書き出しで伝えてしまう方法もあります。これを“情報の共有”といいます。どんな情報が書かれているのかを事前に示しておかないと、読者はそのさきを読んでくれることはありません。

どんなユーザーが読んでくれるのかをイメージしながら、情報を共有します。ただし誰でも知っている情報をまとめただけではユーザーの興味を惹けなくなってしまうので、そこにプラスしてユーザーの知らないことを提示することによって、自然に読み進めたいと思えるようになります。

ユーザーはできるだけ短い時間で情報を得たいと思っていることを、しっかりと頭に入れて置くようにしてくださいね。

簡潔にまとめる

書き出しが長すぎる文章は記事全体のバランスが悪くなってしまいます。そのため全体の記事の文字数にあわせて、書き出しを調整するようにします。例えば、1,000文字の記事に300文字の書き出しがあったら長すぎると思いませんか?

ボディコピーの部分が薄くなってしまい、ユーザーのことを考えた記事とはいえません。できるだけ簡潔にまとめて伝えること、1,000文字なら160~200程度の文字数に押さえておくのがおすすめです。

文章のまとめ部分を書くコツ

次に文章のまとめ部分を書くときのコツについて説明します。文章の最後を締める部分ですし、ユーザーにアクションを起こさせるためには重要な部分になりますね。

締めくくりの言葉を使う

「いかがでしたでしょうか」や「まとめました」などの表現を使って記事を締めくくります。こういった文章が入るだけでも記事はここまでなんだなと言うのが伝わりますね。また、まとめのなかに記事の要約を簡単に入れてユーザーに思い起こさせるのもポイントです。

簡単な感想をまとめの文章のなかに入れるのもおすすめです。ユーザーの共感を引き寄せることに繋がり、アクションを促すことに繋がるはずですよ。

キーワードをまとめに入れる

ユーザーで狙っているキーワードをまとめに入れます。不自然になってしまいそうな状態であればおすすめしませんが、自然に含められるのであればキーワードを入れ込み簡潔にまとめたほうが、ユーザーの心を掴みます。回りくどい伝え方をしたり、長すぎるまとめは読む気がなくなってしまうのでおすすめしません。

まとめ

文章の書き出しやまとめの書き方についてご紹介しました。書き出しやまとめはユーザーに伝えるうえでも重要なポイントになります。

短い文章のなかでいかに内容を伝えるのかが必要になってきますので、構成をしっかりと考えつつ自分の言葉で文章にするようにしてくださいね。意外と迷いがちな書き出しやまとめもユーザーの心をしっかりと掴んでいきましょう。