文章の構成を作るときに知っておきたい3つのポイント

記事を書く上で読んでもらいやすくするための「文章の構成」についても覚えておかなくてはいけません。なんとなく書いているように見えるサイトの記事でも、しっかりと構成ができているものは多くの人に読まれています。

逆に構成のできていないものは、読んでも伝わりにくくなってしまい最後まで読み進めたいと思えなくなります。文章の構成とはどのようなものなのか?作り方についても解説していきたいと思います。

文章の構成とは

構成とは記事を書く上での設計書のようなものになります。こんな形で文章を書きますというのを記事を書き始める前に形にしていきます。記事構成はできるだけ詳細なほうがいいですが、目安として1時間程度の時間をかけて丁寧に作り上げていきます。そもそもどうして文章の構成が必要なのかについてですが、記事全体を把握でき内容を確認できるメリットもあります。

例えば

  • 記事全体の流れは不自然ではないか
  • 見出しの流れは自然になっているか
  • ユーザーがほしいと思っている情報は載っているか
  • 他に追加したほうがいい情報はないか
  • キーワードに対しての答えがしっかりと記載されているか
  • 内容の揺れがなく、前後で言葉が変わってしまっていないか

など、構成なしでこれらを確認するのは簡単なことではありません。

記事構成を入れることによって、目指すべきゴールが明確になります。余計な文章や内容が入ることもありませんし、ユーザーにとって必要な情報がしっかりと取り込まれた記事になります。構成があるだけで頭のなかを整理することにも繋がり、記事を作ったあとに「こうしておけばよかった」などの後悔もなくなります。

ひと手間かかりますが、思い描いた通りの記事に仕上がるように構成をしっかりと考えてから記事を作成するのをおすすめします。

文章の構成を作るときのポイント

文章の構成を作るといきなりいっても具体的にどうしたらいいのか、やり方がわからない方もいるのではないでしょうか。手順を踏んで作っていけば、決して難しいものではありません。

むしろ書きたい内容が明確になる文、理想通りの記事を作ることにも繋がります。初心者の方でも作りやすい文章構成の作り方について説明します。

ニーズの分析を行う

まずは記事のキーワードを何にするか決めていかなくてはいけません。キーワード選びは記事を作成するうえでも重要なポイントになります。上位に表示させるキーワードや、ユーザーの悩みを解消するにはどうしたらいいのかなどを分析していきます。

そもそもなんのために記事を作るのかを考えると、ユーザーの悩みを解決するためですよね?記事を読んだユーザーが満足できる内容を提供することが重要です。ユーザーの人物像を具体的にする「ペルソナ」だったり、「競合サイト」を検索して調べてみるのもおすすめです。

狙っているキーワードを検索したときに上位に表示されているサイトは、Googleから評価されている質の高いサイトです。そのためユーザーの満足度を満たしている可能性が高いのです。

こういったニーズを洗い出したうえで、どんな記事を作るべきかをしっかりと分析して考えていきます。なんのために記事構成を作るべきなのかが見えてきますよ。

記事を書く準備

記事を書く前にどうしたらユーザーに伝わる文章になるのかを考えていきます。せっかくニーズを調べてもそれが活かせていない記事では意味がありません。下準備としてどの形がユーザーの心に届くのかを考えていきます。

例えばまずキーワードに対してなにか?を説明したあとに重要性→具体的な解消方法→やるべきことの流れにしていくと、内容を把握でき、どうしたら解消でき自分がやるべきことが一つの流れとしてわかりやすくなります。

記事を書いてからこの順番のほうがいいかも!?と調整するのは難しいので、下書きとして記事の全体の流れを作っておくのをおすすめします。最初は大まかなものでもいいので、記事の構成をじっくりと作っていきましょう。

設計図を作る

h2やh3などの設計図を作り、まずは見出しなど記事の構成部分から作っていきます。見出しを作ってそのなかで何を伝えていきたいのかを考えます。イメージしてみると必要な見出しかどうか?不要な見出しかを判断できるようになります。

基本的に1つの見出しでは1つ伝えたいことを伝えるなど、文章が複雑にならないように工夫します。必要に応じてh4も作るなど、文章の設計図を考えながら抜けのない文章を作っていきましょう。

まとめ

文章の構成の作り方について説明しましたが、いきなりワードやテキストファイルに記事を作ろうとしても必要な情報を逃してしまったり、内容が薄い記事になってしまうこともあります。

ユーザーに必要な情報をしっかりと届けるためにも、文章の構成を考える時間をしっかりと確保するようにしてくださいね。記事の質も高くなりますし、伝わりやすい文章になるはずですよ。