文章の誤字脱字を防ぐ4つのコツ

記事を作るときにうっかりミスとして多いのが「誤字脱字」です。どんなにしっかりとした文章や丁寧に作り込まれている記事でも、文章に誤字脱字が多いと信憑性の欠ける記事だと思われてしまうこともあります。

でも何度見直しても誤字脱字がある…と悩んでいる人もいるかもしれません。記事で誤字脱字を防ぐ為にはどうしたらいいのでしょうか。そのためのコツについてご紹介していきたいと思います。

誤字脱字が記事にとってよくないといわれる訳

記事にとって誤字脱字は大きな問題です。社内の人しか見ない文章ならまだしもHPやブログに載せたり、お客様にお見せするような文章の場合は「誤字脱字の分だけ信用されなくなる」と思っていたほうがいいかもしれません。

どうしてここまで誤字脱字がよくないといわれているのかというと、企業にとっての信用に関わるからです。誤字脱字の多い文章を気付かずにそのまま載せていると「本当にこの企業大丈夫かな?」と思われてしまいます。

細部にまでしっかりと目が行き届いていて、誤字脱字のない文章のほうが信頼できると思うものですよね。また、誤字脱字があるとその部分が気になってしまい、本来伝えたい内容が伝わらなくなってしまうこともあります。

他にも誤字脱字が多いと差し戻しが多くなってしまうので、結果として時間がかかってしまい業務に支障が出てしまうこともあります。

周囲の人も誤字脱字があるだろうなと思っているので、見直しに時間がかかってしまいお互いの時間を無駄にしてしまうこともあるのです。誤字脱字があるだけでこれだけの影響があると考えると、ないにこしたことはありませんね。

記事で誤字脱字を防ぐにはどうしたらいい?

記事で誤字脱字を防ぐにはどうしたらいいのか?そのためのコツを説明します。

自分の文章を疑うことも必要

誤字脱字が多い人の特徴として“思い込みが激しい”ことが原因になっていることもあります。自分が作った記事をまずは疑ってみる気持ちも大切です。

特に文章を書いたあとに見直しをしていても誤字脱字が見つけられない人の多くは、「まあ、大丈夫だろう」と自分を過信しすぎてしまっている可能性もあります。誤字脱字は誰でもしているものと認識して、記事を読み返すことも必要です。

特に人間の脳は高性能なのもあり、誤字脱字があっても自動で補完して読めるように調整してしまいます。そのため文章の接続詞などが足りていなくても、ちょっと見直したぐらいでは見つからないこともあるのです。

まずは自分の文章を疑ってみて、誤字脱字があるていで見直すことで見つかるはずですよ。

時間をあけたり第三者に確認してもらう

文章を確認するときに書いてすぐ確認しても誤字脱字が見つけられないことがあります。一度時間を開けてから見直してみると、「あれ?こんな間違いしていたっけ?」と見つけられることも少なくありません。

特に記事を書くことに集中していて熱中していると冷静さにかけてしまうことも少なくありません。また、時間に余裕がないときは自分以外の第三者に内容をチェックしてもらうと客観的に文章の見直しができるので、誤字脱字がなくなります。

パソコンのままで確認するよりも、一度印刷して紙面にして内容を確認するとミスが少なくなりますよ。そのためにも時間に余裕を持って記事を作成するようにしてください。

自分の癖を知る

誤字脱字には必ず傾向があり、その人によって癖があります。自分では気付いていないだけで毎回同じようなミスを繰り返している場合がほとんどです。入力時の癖はその人によっても違いますので、まずは自分が間違えやすい傾向を知ることでミスをしにくくなります。

例えば漢字の変換を間違えてしまう人は、読み方や漢字の知識不足の可能性もあります。そのためよく使う漢字だけでも正しい知識を身に付けておいたり、活字に慣れておき正しい文章を覚えておくことで、ミスが減らせるはずですよ。

ブラインドタッチが基本

パソコンで入力するときにキーボードを見ながら入力していると誤字脱字等のミスが多くなります。基本的には入力はブラインドタッチで、入力した内容をその場で確認しながら打つのがおすすめです。

キーボードを見ながら入力しているとタイピングのスピードも遅くなってしまいます。ブラインドタッチで文字を確認しながら入力できるように練習しておきましょう。また間違えやすい固有名詞などは事前に辞書登録をしておき、極力入力する機会を減らすと、誤字脱字も少なくなりますよ。

まとめ

文章で誤字脱字を繰り返してしまいがちな人は、まずは自分が入力した文章を疑うことから始めてみてください。気付いていなかっただけで誤字脱字が多いなんてこともあります。

自分の文章の癖を知るだけでも見直すポイントがわかってきますし、同じミスを繰り返す心配もなくなります。誤字脱字ばかりだと信用もなくなってしまうので、十分に見直すようにしてみてくださいね。