記事の見出しの付け方と覚えておきたい3つのポイント

記事を書くときに覚えておかなくてはいけないことの一つに「見出し」があります。ユーザーの多くはその見出しを見て、自分にとって欲しい情報があるのか?その先にある続きを読むかどうかを決めています。

それだけ重要な役割を担っているのが見出しになります。見出しの付け方一つで、ユーザーに読んでもらえるかどうかが決まるのです。

記事の見出しの意味とは

記事を作成するうえで、ユーザーが読みやすい構成にしていかなくてはいけません。そこで重要な役割を担っているのが「見出し」です。この記事でいえば「記事の見出しの意味とは」が見出しになります。

もし見出しがなく文章が並んでいるだけだとしたらどんな印象を持つでしょうか?何が書いてあるかわかりにくくなりますし、ずっと文章を読んでいると目や頭が痛くなるなんて人もいるかもしれません。

見出しというのは記事の内容を端的にユーザーに伝える為にも、必要なものになります。見出しのない文章と見出しのある文章を見れば、その違いが一目瞭然です。

記事で見出しをつけるメリットとは

記事に見出しをつけるとどんなメリットがあるのかを説明します。

SEO対策になる

Googleなどの検索エンジンでは、クローラーがサイトを巡回し自動的に内容を評価する仕組みを取っています。クローラーは見出しタグに書かれている内容を取得して評価しています。

そのため見出しのなかに強調したいキーワードを含めることによって、SEO対策に繋がっています。そのため上位に表示されているサイトの見出しを見ると、しっかりとキーワードが含まれていますし、不自然にならないように工夫されています。

記事のポイントを主張できる

インターネット上に公開されている記事は、どうしても見づらいと感じることが多いものです。そのため知りたい情報があっても内容がよくわからなければ読み進めなくなってしまいますし、読みにくい記事を努力してまで読むことはありません。

見出しを上手に使いこなすことで、記事でユーザーに伝えたい、主張したいポイントを示すことにもなり魅力を伝えることにもなります。ユーザーの多くは短時間で情報を探したいと思っていますので、見出しのある記事かどうかはとても重要なのです。

記事で見出しをつけるときのポイント

記事で見出しをつけるとき、ただなんでもいいから見出しをつければいいわけではありません。そのため、見出しの付け方一つで記事の印象も変わります。記事で見出しをつけるうえでどんなポイントに注意したらいいのかについて、説明していきたいと思います。

見出しタグには使う順番が決まっている

見出しには必ず見出しタグを使います。<h1>、<h2>、<h3>を使ってクローラーに示しているのですが、重要なのが使う順番です。サイトのなかにはこの使い方を間違えてしまっている人も多く見かけます。

h1タグは記事のタイトルとして使用するものになり、実際記事に使うのは大見出しのh2タグからになります。次に中見出しのh3タグ、小見出しのh4タグを順番につけていきます。

h1→h2→h3→h4の順番で使う必要があるので、途中の数字を飛ばしたり、逆の順番に使っては意味がありません。

記事の内容を一行でまとめたものにする

見出しの書き方に迷ったとき、簡単に見出しを書く方法の一つとして記事の内容を一行でまとめた見出しをつける方法です。本来見出しは何が書いてあるのかを示すものですので、記事のようやくの役割として見出しをつけるのもとても効果的な方法です。

また、あえて目を惹く方法として結果を見出しで伝えてしまうのもおすすめの方法です。結果が見出しにあり、読み進めることで得られることがあるなら十分に価値のある見出しのつけかただと思います。手短に情報を収集したいと思っているユーザーにも大きなメリットですね。

30文字以内の短いものにする

見出しはじっくりと読むものではありません。ひと目見て何が書かれているのかがひと目でわかるようにするのが目的です。見出しに有用な情報を詰め込みたいからといって長過ぎる見出しでは逆効果になってしまうこともあります。

長いだけで読みたくないと避けてしまう人もいます。見出しの文字数については特に制限があるわけではありません。ただ一瞬で判断するためにも、30文字以内を目指すと理想的な見出しができるはずです。

また、不自然になってしまうときは、無理に見出しのなかにキーワードを入れる必要はありません。

まとめ

文章の見出しをつけるとき、どうしたらいいのか戸惑う人もいると思います。見出しは文章に何が書かれているのかを端的に伝えるためにも重要なものです。短すぎても長すぎても伝わりにくくなってしまいます。

文章の見出しがあるだけで何を伝えたいのかもわかりやすくなります。記事を作るとき構成も重要になり、その一つに見出しがあります。Googleのクローラーにも見つけてもらいやすくなりますので、自然に入れられるように工夫してみてくださいね。