文章が書けないときに試したい4つの対処法

WEBで記事を書き始めたばかりのとき、うまく文章にできなかったり何を書いたらいいのかわからずに困ってしまった経験はありませんか。納期が決まっているとわかっているのに文章にできない…と悩む人も多いものです。

文章を書くというのは思っている以上に難しい点も多く、思い通りに作業が進まなくなってしまいます。文章がかけない理由や解決方法についてわかりやすく説明していきたいと思います。

記事が書けない人の特徴は?

記事が書けないと話す人には必ず共通点があります。例えば最初から多くの人に読まれるようなレベルの高い記事を書こうとしていませんか?初心者のうちからそんな記事が書ける人なんてほとんどいません。

多くの人に読まれる必要はなく、特定の相手の心にしっかりと届き行動に促せればいいのです。WEBで書く文章はすぐに不特定多数の目に届くわけではありません。実際に記事をUPしてから多くの人の目に届くまでには、数ヶ月以上の時間がかかります。

UPしてすぐに目に届くならまだしも、文章が書けないからとUPしないほうがもったいないのがわかると思います。そのため完璧な文章を求めなくても多くの人が読みやすい記事が書けていいればいいのです。

また、記事を書くときに何を書いたらいいのかテーマが決まらないと話す人もいます。確かにどんなテーマやキーワードで記事を書きたいのか明確になっていないと記事を作るのは難しいかもしれません。でも迷っていて進めないのであれば、まずは書いてみるなど行動にうつしてみてもいいかもしれません。

文章が書けない問題を解決するにはどうしたらいい?

文章が書けないと悩んでいる人にとって、問題を解決するためにはどうしたらいいのかをご紹介したいと思います。ちょっとした対策や考え方を変えるだけでも文章がスラスラとかけるようになるはずですよ。

とにかくたくさん記事を作成する

WEBの記事はたくさんの記事を作成していくことによって、何が求められているのか?どんな部分を改善したらいいのか?本当に書きたいことはなんだろう?など自分でも形にならなかった部分が見えてくるはずです。

いきなり記事を書くといわれてもすぐにできる人ばかりではありません。日々の積み重ねによって記事が書けるようになるといっても過言ではないのです。

まずは練習だと思い、記事をたくさん作成してみてくださいね。あんなに書けなかった記事がすんなりと書けるようになったり、伝えたい言葉が自然と出てくるようになります。

他のサイトを参考にする

文章を作るのが苦手な人は、まずは他のサイトやブログなどを見て「こんな文章書いてみたいな」と思える書き方を探すのをおすすめします。記事といってもサイトによって書き方には違いがありますし、読みやすいと思うサイトも人によって違います。

“いいものを作るためにはいいものを見て学ぶこと”ともいわれています。あなたの主観でいいので、まずは自分が見やすいと思えるブログやサイトをピックアップしてみてどうしてそのサイトに魅力を感じたのか分析してみてください。

例えば言葉の選び方だったり言い回し、文字の区切り方など必ず理由があるはずです。他のサイトから学べることはたくさんありますよ。

書いていて楽しいと思える記事を書く

最初から苦手な分野やよく知らない分野の記事を書くのは不可能です。ある程度慣れてくれば書けますが、全く知らない分野だと知識をそのまま箇条書しているような文章になってしまい、読みやすい記事になりません。

記事初心者のうちは書いていて楽しいと思えるような興味のある内容を記事にするほうが簡単です。何度も経験しているうちに言葉の言い回しや表現の仕方が慣れてくるはずです。

まずは記事を書く楽しさを知ることで、文章に対しての苦手意識がなくなっていくはずですよ。

下調べに時間をかける

記事を書く前にまずは下調べに使う時間をしっかりと取ることで、記事が書けない問題が解消できることもあります。

情報を簡単に調べただけではそこから文章としてまとめていくのは難しく、事前に下調べをしっかりとしているとどんな記事を書くべきか、しっかりと頭に入っているのでスラスラと記事が書けるようになります。

下調べにかけている時間がないよと思うかもしれませんが、結果として良い記事が早く書けるので大きなメリットになるともいえるのです。下調べでたくさんの情報が入ってくると文章を書くのが苦にならなくなりますよ。

まとめ

文章が書けない理由を知ると「あ~なるほどな」と思うのではないでしょうか。最初から完璧な文章が書ける人はいませんし、自分の思ったことを言葉にするのは簡単なことではありません。

文章が書けないときは下調べに時間を使ってみたり、他のサイトを見るなど少し気持ちを切り替えてみると、文章にするのが苦痛ではなくなるはずです。書けない~と悩んでいる人は是非この方法を試してみてくださいね。