文章を書き終えたあとに確認してほしい5つのポイント

記事の文章を書いたとき、そのまますぐに入稿や納品するのではなく今一度確認したうえで入稿する必要があります。文章を書き終えたあと、どんな確認作業が必要なのか?今すぐ実践できる内容を具体的にご紹介していきたいと思います。

もっと文章の質をあげたい!本当にこの文章でいいのか自信がないあなたにこそ、読んで欲しい内容です。

文章を書き終えたあとに確認して欲しいこと

文章を書き終えたあとに、どんなポイントを確認したほうがいいのかについてご紹介します。見直すポイントがわからず困っている人に確認するためのポイントを説明します。

誤字脱字はないか

文章で最初に見直してほしいのが、誤字脱字がないかという点です。例えば漢字の変換が間違えていたり、重複した言葉が入っていたり、接続詞が不自然など書いているときには気付かずとも、見直してみると「おかしいな」と思う点が出てくるはずです。

どんなに記事作成に慣れている人であっても誤字脱字のリスクはありますし、入稿前にしっかりと確認しているからこそミスのない記事が入稿できています。

WEBのページだと見づらいのであれば、印字して校正してから入稿してもいいと思います。誤字脱字が多い文章にならないように、しっかりと見直すようにしてくださいね。

同じような内容になっていないか

長い文章だと前半に書いている内容を、後半でも書いてしまうなど同じような内容を1つの記事のなかで書いてしまう人もいます。

ユーザーにとって重要な情報ならいいのですが、それだと読みづらい文章になってしまい、ただ長ったらしい文章になってしまうこともあります。

伝えたいことは簡潔にわかりやすい文章にまとめること、文字の言い回しや内容で同じような内容になっていないか、客観的な視点で見直すようにしてみてくださいね。

行の改行で見やすく調整する

文章を作成するときに改行などは後回しになる人も多いと思います。とにかく文字を入力して、あとから2~3行で改行して調整していきます。これはパソコンから見たときに限らず、スマホから見たときに文字が羅列しすぎてしまい読みにくくなるのを防ぐためにも重要です。

改行している文章かどうかはひと目でわかりますし、誤字脱字などのミスを見直すときにも改行をしているほうが見逃す心配がなくなります。面倒くさい手順に感じるかもしれませんが、見直しも含め改行で整えておくのがおすすめです。

キーワードにあった内容か?

文章を作成しているうちに、ついついキーワードから脱線した内容になってしまうこともあります。もしあなたがユーザーだとして文章を読んだときに「欲しい情報じゃなかった」とすれば、途中で読むのが嫌になってしまいますよね。

ユーザーがキーワードを検索して表示させているわけですし、そのキーワードの答えになっている文章でないと、欲しい情報とはいえません。

文章を書き終えたあとに脱線して別の説明になっていないか?本当に必要な内容になっているのかを確認するようにしてくださいね。キーワードから文章が脱線しないために、事前に構成を作って見出し等決めてから作るのもおすすめです。

コピー判定になっていないか

記事を作成していてコピーしているつもりはないのに、他のサイトと文章が酷似していてコピー判定にとしてみなされてしまうこともあります。特に、専門用語を使って説明するような記事だったり、情報の少ない内容をまとめた文章などはコピーになりやすくなります。

コピー判定かどうかを無料のツールで確認できますので、できるだけオリジナリティを出すためにもコピー判定にならないように注意してくださいね。あまりにコピー判定の範囲が広いときは作り直してしまったほうがいいかもしれません。

文章で見直しが必要な理由

どんなに文章の作成に慣れている人であっても絶対にミスしないとは限りません。集中して記事を書いているつもりでも、誤字脱字が起きてしまうこともあります。

また文章を読み返すときは書き手から読み手に頭を切り替えてから見直してみると、書いているときには気付かなかった修正のポイントも見えてきます。読み手になったときにわかりやすい文章になっているか?難しくわからない言葉になっていないかなどを客観的にチェックすることも必要です。

一見大変な作業のように思うかもしれませんが、見直しの一手間で文章の質は格段に変わります。冷静に見直しができるようにしておきましょう。

まとめ

文章は書いたら終わりではなく最後にしっかりと見直しこれで入稿できる状態にしてはじめて完成します。見直しができると自分に足りていなかった部分や、気づきもありあなた自身の成長にも繋がります。

文章を書いたあとは冷静に見直すこと、中途半端な文章にならないように気をつけてくださいね。文章の見直しを通して学べることはたくさんありますし、見直しをしないのは損になってしまいます。