伝わる文章の書き方と4つのコツ

WEBの記事を書くといってもどこに掲載するものなのか?によっても違いますよね。
例えばコンテンツ用の記事なのか?SNSに投稿する用の記事なのか?ブログ用の記事なのかによっても、文章の書き方が違えば読むユーザーにも違いがあります。

そもそも文章を作るというのは、自分以外の他者に何かを伝えるための手段になります。誰が読んでもわかりやすい文章を書くのはとても重要なことです。あなたは伝わる文章を書いていますか?

文章で伝えるってどういうこと?

文章はあくまでも読んだ相手に何かを伝える目的があります。そのためにはただ文字を並べるのではなく文章構成や文章表現をしっかりと網羅する必要があり、結果として読んだユーザーが思い通りの行動(問い合わせや商品の購入など)をとってはじめて、伝わる文章が書けていることになります。

文章を書くというのは簡単な作業のように見えて意外と難しいものです。ユーザーといってもさまざまな人がいますし、同じ文章を読んでも起こす行動が違うのです。

特定の相手だけに見てほしいのではなく「誰が読んでもわかる」文章にするためにはどうしたらいいのか?どうしたら思い通りの行動に移せるのかを、しっかりと考え行動する必要があるのです。

伝わる文章を作るポイントは?

誰が読んでも伝わる文章を作るためにはどうしたらいいのか?そのためのポイントについて紹介します。記事を書いて投稿してもなかなかお問い合わせに繋がらないと悩んでいる人は、もしかしたら“伝わる文章”ではないのかもしれません。伝わる文章を作るためにも、ポイントをしっかりと押さえるようにしてくださいね。

専門用語は使わない

文章を作るときに検索しなくてはいけないような専門用語は使わないようにしてくださいね。社内文章であれば専門用語を使うのは問題ないのですが、不特定多数が見るWEBでは専門用語が多いとサイトの離脱率を高める原因になってしまいます。

何も知らない初心者がサイトを見たときにわからない言葉がなく、誰でも意味のわかる文章にするためにも専門用語は使わないほうが懸命です。もしくはどうしても使わないと説明できないのであれば、文章の横や下にその意味を書いておきスムーズに読めるようにしておきます。

自分で専門用語かどうか判断できないときは、第三者の人に読んでもらいわからない部分がないかどうか確認すると、読みやすい・伝わりやすい文章になりますよ。

ターゲットを意識する

文章というのは読み手がいてはじめて成立するものです。そのためターゲットをはっきりとしないまま文章を書いてしまうと、誰にも届かない文章になってしまいます。伝わらない文章というのはターゲットが明確になっていないケースがほとんどです。

読む相手がある程度わかっているときは、実際に文章を読んでいる姿を想像してみてください。例えば「女性」など大まかなターゲットのイメージになってしまうと、範囲が広すぎて伝えたいことが伝わらなくなってしまいます。「女性 30代 既婚 子どもあり」まで絞るとある程度範囲が絞れますよね。

もっといえば年収や家族構成、趣味など重い描けるターゲットはできるだけ細かく設定するのをおすすめします。ただこのターゲットが記事と合わないものだと意味がなくなってしまいます。ターゲットが明確になれば記事の構成も書き方も内容がより明確になりますね。

何を伝えたいのか?

ユーザーは「自分の興味のある記事」しか読まないと思ってください。あなたがどんなに一生懸命作った記事だとしても最初の冒頭を読んでみて、自分に関係ないと思えばその先を詠み続けることはありません。

その反対に「自分に関係のあることかも」と思えば、どんなに長い記事でも読んでくれます。そのためには何を伝えるべきなのかを明確にすることで、ターゲットに伝えたい内容が見えてくるはずです。

そのためには自分のなかで一度整理してより明確にしたうえで文章として伝えるようにしましょう。

伝え方はどうするのか?

いわゆる「文章表現」になります。文章というのはとても奥深いものになり、雰囲気やその場の空気を作り出したり、ときには読むだけで人間の心を動かす力があります。文章にはそれだけの可能性があり、伝える手段としてはとても優れているものです。

ただその反対もあり言葉の選び方一つで、全く違った印象になってしまいます。どんなに丁寧に説明をしていても感じの悪い表現に聞こえてしまうこともあるのです。

そうなるとどんなに素晴らしいことをいってもあなたの文章に耳を傾けてくれる人はいなくなります。上から目線だったり、命令口調の言葉では素直に受け入れにくくなるのです。

まとめ

誰が読んでもわかりやすい文章にするために必要なことについて説明しました。伝わりやすい文章は簡単なように見えて意外と難しいものです。ユーザーの心を動かす為にも、文章について見直してみてはいかがでしょうか。