SEOライティングの基本と押さえておきたい5つのポイント

文章を考えるうえで意識しなくてはいけないのが「SEO」です。名前は聞いたことがあるものの、具体的にどうしたらいいのか?SEOとはどんなものなのかわからない人も多いのではないでしょうか。最低限押さえておきたいSEOの基本について、どこよりもわかりやすく解説したいと思います。

SEOを意識した記事とは

SEO記事はユーザーの利便性を考慮し、上位に表示させるために作成し記事のことです。「SEOライティング」と呼ばれることもあります。そもそもSEOとは検索エンジン最適化のことをいい「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったものです。

サイトが上位に表示されるように、優秀な被リンクを集める「外部SEO」や、検索エンジンにページの内容を理解してもらい高い評価をもらう「内部SEO」などさまざまな種類があります。

SEOはWEBページを検索で上位に表示させることだけが目的ではありません。あくまでもSEOの入り口に過ぎず、最終的にはコンバージョンの達成に繋がることがSEOの成功になります。

コストを抑えて上位に表示させたり、集客や成果に結びつけブランディングなどの効果を得る目的もあります。SEOで最も重要なことは良質なコンテンツを作成して、ユーザーにとって価値のある情報を提供することです。

同時に検索エンジンに正しく内容を伝える必要があり、認識しやすい文章にすることも忘れないようにしてくださいね。SEOを意識した記事でもどの程度上位に表示させたいのかによっても変わります。

SEOを意識した文章作成のポイント

SEOを意識した文章作成で押さえておいてほしいポイントについて説明します。

文字数は2,000文字~

SEOを考慮するうえで文字数はそこまで関係ないものと思っている人もいるかもしれません。確かにGoogleでは検索順位のアルゴリズムでは文字数を判断材料にはしていないといいます。

でも検索結果として上位に表示されているページの大半が1,000文字以上が多く、ブログなどの簡易的なものだと500文字程度の記事も多く見かけます。ある程度質が高い記事を作ろうとすれば、自然と1記事あたりの文字数が多くなります。

むしろ1,000文字以下で抑えようとしても難しいものがほとんどです。ユーザーにとって有益な情報があること、同じキーワードの他のサイトよりも記事の内容が充実しているほうが上位に表示されやすくなります。

1つのページに対して1つのキーワード

記事のなかにたくさんのキーワードを含めたほうが、上位に表示されやすいのではと思うかもしれません。ただキーワードを複数にしてしまうと、それぞれの検索意図が盛り込まれた記事になります。

その分評価が1つではなく分散してしまい、どんなに対策をしていても上位に表示されにくくなってしまいます。あくまでも1つのページに対して1つのキーワードを意識して記事を作るとこれらの問題が解消されます。

オリジナリティを重視する

記事を作るうえでインターネットにある情報ばかりを集めたものでも作成はできるのですが、上位に表示させSEOを意識するのであればオリジナリティも重要です。

そのためなら自分なりの考えや見解を盛り込むようにして、テーマに関連した体験談や経験談を盛り込むようにします。

同じキーワードのサイトがあったときは、切り口や言い回しを変えて文章を作ります。オリジナリティを重視した記事はSEOにも強く、Googleからも高評価です。

文章の校正で読みやすくする

文章を読みやすくするためには、書き終えたあとに校正するのをおすすめします。どんなに丁寧に記事を作成していてもときには誤字脱字がある可能性も考えられますし、句読点のタイミングによっては読みづらい文章になってしまっていることもあります。

一度書いた文章を一度読み直して見ると、修正したい部分が出てくることもあります。文章は2~3列で改行したり、文章の羅列になっている部分は見出しを追加するなど調整していきます。

他の記事のコピーはNG

記事を作成するうえで、他の記事をそのままコピーするのはNGです。語尾を少し言い換えただけではGoogleからの評価が低くなってしまうだけでなく、他の記事との差別化ができなくなってしまいます。コピーならすぐに文章が作れると安易に考えずに、しっかりと考えた内容を文章にすること。

狙っているキーワードの上位サイトを参考にしつつ、記事を作るようにしてくださいね。コピーはペナルティの対象になりますので、最後にコピー判定(無料のツールもあります)などで確認するのをおすすめします。

まとめ

文章を作成するうえでSEOについては最低限知識を押さえておくようにしてくださいね。いかにユーザーが読みやすく必要な情報を届けられるのかはもちろん、Googleからの評価も高くなると検索上位に表示されやすくなります。

まだまだポイントはたくさんありますし、SEO対策は想像以上に奥が深いものです。ユーザーがどんな意図をもって検索しているのかを考えつつ、高い評価を得やすい記事を作るようにしてくださいね。