Googleのリスティング広告のメリットとデメリット

Googleのリスティング広告を使って、商品やサービスの宣伝だったり集客に繋げたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

でもリスティング広告を出す方法はさまざまなものがありますし、Googleならではの特徴ってなんだろう?と考えてしまうことも…。Googleのリスティング広告のメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

Googleのリスティング広告とは

Googleのリスティング広告は、Googleの検索結果に表示されているものです。企業のプロモーションを目的に、多くの企業で取り入れられています。Googleにはリスティング広告以外にもディスプレイ広告などもあり、さまざまな形の広告が出せます。

Googleのリスティング広告を出すためには、事前にGoogleのアカウントを開設する必要があります。アカウントさえ持っ散れば、あとは必要な情報を入力しキャンペーンの作成、ターゲットや予算を入れるだけで簡単にリスティング広告が出せるようになります。

今まで広告を出したことのない初心者でも使いやすく、Googleアナリティクスとの連携も簡単です。インターネット経由でなにか広告を出してみたいと考えている人にとっても、Googleのリスティング広告はおすすめです。

Googleのリスティング広告のメリット・デメリット

Googleのリスティング広告を使うとどんなメリット・デメリットがあるのか説明します。

メリット1 自動入札機能

Google広告の最大のメリットともいえるのが自動入札機能になります。設定した目標に応じて掲載する方法を自動で設定してくれる機能です。事前にどの程度の予算にするのか、目標値はどの程度にするのかを設定することによって、どうしたら最大限の効果を引き出せるのかを自動で調整してくれる便利な機能です。

これは機械学習によるものになり、今まで以上に高い確率で入札できるようにしています。Googleのリスティング広告はクリック式の広告になるので、閲覧しない限りは広告費が発生しません。

わざわざクリックして閲覧している人は、それだけ興味を持っている見込み客になりますので予算内でいかに無理なく広告を始められるのもGoogleのリスティング広告の良さです。

メリット2 管理しやすい

Googleのリスティング広告は初心者の人でも管理しやすいように工夫されています。広告の出稿情報を確認するのに専門知識を必要としませんし、計測用のバラメーターも必要ありません。

管理画面とGoogleアナリティクスの連携も簡単ですし、広告はすべて同じ管理画面から運用ができます。広告を分析しつつ予算を決めたり入稿したいと考えている人にとっても、Googleの管理のしやすさは大きなメリットになるはずです。

メリット3 規模の大きさ

Googleの市場規模も広いので効率よく宣伝したい人にとってもおすすめです。日本のGoogleシェアは若いアクティブな世代に多く約70%もの高い割合になります。

日本ではGoogleとYahooが大半を占めているので、多くの人に広告を見て欲しい、宣伝したいのであればGoogleを使うのが最も効率的な方法です。

広告は見てもらって始めて効果が期待できますし、検索結果の上位に表示されるので興味のある人に見てもらいやすいのです。

デメリット1 入札単価が高い

リスティング広告のなかでもGoogleはクリック単価が比較的高めに彫っていされています。もちろんそのキーワードによっても違いますが、ある程度の入札単価で設定していないと露出に制限がかかってしまいます。

出稿企業自体がもともと多いので、検索件数の少ないキーワードは上位に表示されません。どの程度の予算をかけられるのかによっても変わりますが、Googleの場合は高く設定したほうが掲載されやすいのを覚えておいてください。

費用面をできるだけ押さえて広告を出したい人には向きません。

デメリット2 広告文を自分で考える

Googleのリスティング広告は広告文を自分で考えなくてはいけません。そのため、今まで広告を作ったことのない人だと文字数制限や文章の表現方法がうまくいかず、思い通りの広告が出せなくなってしまうことがあります。

広告をクリックしてくれたとしてもユーザーに伝わる内容でないと意味がありません。集客にも繋がるはずがなくなります。広告文に自信がないときは、専門の業者などに相談して作ってもらってもいいのではないでしょうか。

またGoogleのリスティング広告は見出しに「!」が使えないなどの制限もあります。表現するのが文章になるので、いかに伝えられるのかが大切になります。

まとめ

Googleのリスティング広告のメリット・デメリットについて説明しました。検索市場の大半を占めているGoogleだからこそ、効率の良いリスティング広告が出せます。

費用面やキーワードなども含めて予算を決めたうえでリスティング広告を出すようにしてくださいね。リスティング広告を出すときは自社のターゲット層とあっているのか、目的なども含め媒体を選ぶようにしてください。

Googleは使いやすさ、管理面なども含めて考えるとおすすめできるリスティング広告といえるのではないでしょうか。