リスティング広告のメリットとデメリット

リスティング広告を出すべきかどうか迷っている人のなかには、メリット・デメリットがよくわかっていないなんて人もいるかもしれません。そもそも広告を出すのは良くも悪くもリスクがつきものです。後から後悔しないためにも、リスティング広告のメリット・デメリットについてしっかりと押さえておきましょう。

リスティング広告のメリットとは

リスティング広告にはどんなメリットがあるのでしょうか。

すぐに始められてやめられること

リスティング広告は一般的な広告と違い、その場ですぐに配信できてしまうような手軽な一面もあります。それこそ商品を紹介するようなWEBページがあれば広告を作成して配信するだけで簡単に始められます。

しかも集客できればボタン一つですぐに配信を止めることもできるなど、好きなときにはじめて好きなときにやめられる手軽さも大きなメリットといえるのではないでしょうか。

それでいて余計な手間もかからないので、過去に別の広告を出したことがある人だと簡単さに驚くかもしれません。

見込み客に効果的にアプローチできる

リスティング広告は対象のキーワードを選んで出せることもあり、可能性の高い見込み客を相手に配信できるメリットもあります。そもそリスティング広告をクリックしてくれる人はそのキーワードに対して興味を持っている人です。

ピンポイントなキーワードで広告を出せることもリスティング広告にとって大きなメリットになります。幅広い人を対象にアプローチするよりも見込み客で絞ったほうが何倍も効果的です。

広告文を自分で考えて出せること

リスティング広告は自分で考えた広告文を配信できます。商品やサービスを考えた本人だからこそ伝えたいことがたくさんあるのではないでしょうか。あなた自身が一番知っているからこそ書ける広告文があるはずです。

伝えたいことを文章にする楽しみも実感できるはずです。自分が考えたリスティング広告がたくさんの人の目に触れると考えるとやっぱり特別感がありますよね。どうしたら反応してくれるんだろう?結果が出るんだろう?と考えるのも楽しいものですよ。

状況がリアルタイムで分かること

リスティング広告サービスによってもやり方が変わりますが、管理画面よりリアルタイムの状況を確認できます。大まかな状況だけでなく、クリック率やインプレッション数、コンバーション率なども確認できます。

欲しい情報が簡単に手に入るので、広告を出しつつサイトの細かな分析ができるのはリスティング広告ならではのメリットですね。こういったメリットからも、リスティング広告が「運用型広告」と呼ばれているのです。

即効性が期待できる

リスティング広告は即効性が期待できる方法としても知られています。なかには配信初日に商品やサービスが売れることもあります。

何度も目にしているうちに興味を持ってもらうような広告の出し方ではないので、他の広告と比較しても即効性の高さに定評があります。商材の内容や予算によっても違いますので、キーワード選びで失敗しないようにしてくださいね。

リスティング広告のデメリットとは

リスティング広告にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

自由度の高さが多く難しい

リスティング広告は広告を配信して待っているだけの広告ではありません。自由度が高い分作る人によっても差が出てしまう問題があります。広告を配信したあと、手応えが弱いなと思えば細かな運用を見直しながら改善していかなくてはいけません。

仮説を立てながら回しそれを楽しめるかどうか、結果を出すまで検証し続けられるかどうかもポイントです。常に改善していかなくてはいけないので、こういった作業が向いている人におすすめです。逆に改善しながら運用するのが苦手な人にはデメリットになります。

費用がかかる

もちろんですが、リスティング広告は無料ではありません。露出を増やせばその分クリック数も増えるので、自動的に費用がかかってしまいます。リスティング広告は配信してクリックされている限り費用がかかり続けてしまうデメリットもあります。

最初のキーワード選びを間違えてしまうと、結果が出ないのに費用がかさむ悪循環になってしまいます。特にリスティング広告について正しく理解していないまま広告を配信してしまう人も見かけます。

本来ターゲット層に向けた広告にしなくてはいけないのに、なりえないユーザー宛に広告が配信されてしまうこともあります。リスティング広告について理解することが重要です。

まとめ

リスティング広告のメリット・デメリットを知ると、他の広告にはない特徴が見えてくるのではないでしょうか。即効性も期待でき、費用対効果も高い広告の出し方になります。

もし集客や見込み客に対して宣伝したいと考えているのであれば、リスティング広告がおすすめです。キーワード選びや予算なども含めしっかりと検討してみてくださいね。