リスティング広告にかかる費用と予算の決め方

リスティング広告を出したいと思っているものの、どのぐらいの費用がかかるのか不安になり決めかねているなんて人もいるのではないでしょうか。

広告というと高額なお金がかかるものというイメージもありますよね。リスティング広告の具体的な費用について、わかり易く説明していきます。費用がわからず迷っている人は参考にしてみてくださいね。

リスティング広告の料金システムを把握しよう

リスティング広告は広告を表示すると費用が発生するものではありません。

ユーザーにクリックされてはじめて料金が発生する、一般的な広告とは違った料金システムになります。一般的には検索をしているユーザーは商品やサービスに興味を持っている人ですよね。

そのため、不特定多数のユーザーを目的にするよりも見込み客にターゲットを絞って、クリックされたときのみに料金が発生するリスティング広告は費用対効果の高い方法ともいえます。

クリックされたときの料金は、事前に広告主自身が自由に設定できるものになり「入札価格」によっても違います。

リスティング広告の最低入札価格は、1円~9999円での入札となり、広告の品質によっても変わります。品質といわれてもどんな違いがあるのか気になる人もいるかもしれませんが、検索数の多いキーワードを選択するとその分1クリックの料金が高くなります。その反面、検索数の少ないキーワードになるとクリックの料金は低くなる傾向があります。

もし、1つのキーワードに複数の入札が入っている場合は、価格と広告の品質によって「広告ランク」が決まり、掲載される順位が決まる仕組みになります。この検索順位はとても重要で高いものから上に表示されます。

出稿キーワードからリスティング広告の大体の費用を出す方法

これから運用することもあり具体的な費用だったり目標がまだ決まっていないケースも場合、出稿予定のキーワードをリスティング広告を使って掲載したときにどの程度の費用がかかるのか調べる方法もあります。

Googleのキーワードプランナーはご存知でしょうか。Google広告に登録していないと使えない方法です。

  1. まずはアカウントを作成したら、キーワードプランナーを立ち上げます
  2. 次にキーワードのトラフックの見積もりを取得を選択します
  3. 出稿予定のキーワードを「キーワードを追加」ボタンを押して追加します
  4. 入札単価を入力すると、1日辺りどの程度の費用がかかるのか、想定される検索順位などが表示されるようになります。

手順はとても簡単なものですし、どのキーワードでどのぐらいの費用がかかるのか目安として調べることもできます。事前に広告費を確認しておくと想定以上に費用を使ってしまう心配もなくなるので、予算オーバーなどの不安もありませんよね。

また、目標のCPA(獲得単価)を事前に決めておくことも重要です。CPAは販売している商品やサービスの売上金額より、その原価だったり人件費を差し引いたうえで確保する方法があります。

利益分も差し引かないと手元に残せるお金が想定しているよりも少なくなってしまいます。この目標CPAが決まっている場合は、CPC(クリック単価)は、CPA×CVR(獲得率)によって具体的な数字を出す方法もあります。

この数式に当てはめてみたときに、1クリックいくらまでなら料金の予算を超えてしまわないか、じっくり検討するようにしてくださいね。

リスティング広告は少額の費用からでも問題ない

リスティング広告が費用対効果に見合った方法なのはわかったものの、できるだけ少額な費用ではじめたいと思っている人もいると思います。会社によっては予算を大きくかけられない、でも結果を残さなくてはいけないなど難しい一面が出てくることも…。

もしこういった厳しいケースの場合は商品名を使ったリスティング広告や会社名を使ったリスティング広告を出すのがおすすめです。最初からすぐに結果を出そうとしないで少しずつ積み上げていく方法でもいいと思います。

実際に利益が出たときはそれをもとにまとまった金額でリスティング広告を出してもいいでしょう。できるだけ手堅く始めることもリスティング広告はできますので、負担にならず無理のない程度からスタートしてみることも必要です。

ただし一気に成果を出したいときはある程度まとまった費用がないと話になりません。広告は費用がかかるのは仕方がないことでもあります。

もし自分で判断するのが難しいときは、専門店などに相談したうえでどの程度のリスティング広告を出すのか決めてもいいのではないでしょうか。

まとめ

リスティング広告の費用はどこまでかけられるのか、決めてから運用するのをおすすめします。1円~はじめられますが、その分クリック率も低く集客が思うように見込めない可能性もあります。

クリック数の多い人気のキーワードはその分費用も高くなりますが即効性も期待できます。どちらがいいのかしっかりと検討したうえで、リスティング広告を出すようにしてくださいね。