動画マーケティングとは?なぜ今動画が注目されるのか?

今、Youtubeを中心に様々な企業が次々と動画を使用したマーケティングに参入しています。
なぜ、今、動画マーケティングなのか?
そしてそもそも動画マーケティングとは何か?をご紹介したいと思います。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングの意味は非常に幅広く、Youtubeを使って企業が自社チャンネルを持つ広報活動から、静止画ではなく動画を使ったSNS広告まで幅広い意味で使われます。

例えばD2Cを中心としたEC業界で動画マーケティングと言えば、SNS広告を動画で配信することや、Youtubeで製品紹介をする動画広告のことを指しますが、ここでは「企業が自社メディアとしてYoutubeで自社の専門チャンネルを作成し情報配信すること」を動画マーケティングと定義しご説明していきたいと思います。

動画マーケティングが人気の背景とは?

以前、企業の広報活動はテレビCMが中心であり、インターネットが登場してからは、自社のホームページで製品を紹介するだけの時代が長く続きました。
しかし、そもそもブロードバンドが当たり前になり、テレビの平均視聴時間が短くなっている現代では、テレビCMで自社の製品を訴求するだけでは、費用対効果は高いといえません。
また、ホームページに自社製品を並べただけでは、消費者がアクセスするのを受動的に待つだけで、訴求力も弱いという弱点がありました。

そこで注目されたのが、企業が自社のコンセプトや製品の魅力をブログ形式で発信するオウンドメディアです。
読み物形式で文章による記事を量産し、読者へ雑誌を読ませる感覚で自社の製品をPRする手法が脚光を浴びました。
一方で、あらゆる企業がオウンドメディアへ参入した結果、検索エンジンに同種の記事が溢れてしまい、ユーザにリーチしづらい問題も発生し始めます。

そこで注目を集めたのがオウンドメディアの動画化です。
直感的で情緒的価値を訴求できる動画を活用することで、消費者へ強くPRし、囲い込みを図ることが可能となりました。
そこに目を付けた企業の参入が増えているというワケです。

企業により制作する動画は様々ですが、以下のような動画が作られています。

  • 自社のCMを集めた公式Youtubeチャンネルの制作
  • 自社の製品制作の裏側を紹介する動画の制作
  • 製品の愛用者のインタビューや活用用途を紹介する動画の制作
  • ドラマ仕立てで製品を紹介する動画の制作

上記のような動画制作が人気を集めています。

メディアミックスとしての動画マーケ

先ほど、ブログ形式の動画化と書きましたが、多くの企業ではブログ形式の文章によるオウンドメディアと、動画形式のオウンドメディアを並行活用している事例が多いことです。
例えば、ドラマ仕立てのYoutube動画を制作し配信。そのメイキングの様子をブログ形式のオウンドメディアで公開・・・。こうした双方向にリンクさせる手法が人気になっています。

その主な目的は以下の2点です。

  • 動画からの自社サイトへの誘導
  • 消費者を回遊させることで強力なファン化を図る

先ほど、ブログ形式のオウンドメディアを制作する企業が多く、ユーザにリーチしづらいと書きましたが、動画で集客を行いブログ形式のオウンドメディアへ誘導することで、Google検索のオーガニック検索に頼らない集客を実現させることができます。
また、動画に共感した消費者が、ブログ形式のオウンドメディアへアクセスすることで、全体としての滞在時間を増やし、ファン化させ、定着させることが可能になるのです。
その意味で、消費者を自社の様々な広告媒体へ回遊させることが重要であり、その入り口として動画が活用されているのです。

広告としての動画マーケ

また、テレビCMの代用としてYoutubeなどの動画が活用され始めています。
15秒から30秒など短時間での訴求が一般的なテレビCMに代えて、Youtubeの動画を活用させることで、長時間のCMを消費者に視聴させることが可能です。

例えば、Youtube広告は30秒以内でスキップされた場合や、動画をクリックされなければ課金が発生しないプランが存在します。この手法であれば、興味のない消費者に対しては広告費は発生せず、興味をもったユーザだけに広告費を費やすことができるので、CPAも安く抑えることが可能であり、じっくり自社の製品を紹介できることも加わって最近人気の手法になっています。
このように、オウンドメディアとしての動画広告だけでなく、広告の一つとしても動画マーケティングが活用されはじめています。

5G時代の動画マーケティング

実は2019年は動画マーケティング元年とも言われています。
その理由は、スマートフォン向けの新企画、5Gのサービスがスタートしたからです。
これまでのスマホ回線は、4G回線が主流で、パケットに応じて高額な料金が発生し、回線も低速だったため、スマートフォンで動画を視聴する消費者は、主に自宅でWi-Fiに接続しているユーザに限られていました。

しかし、5Gが主流になることで、町中や電車の中などあらゆる場所で動画を視聴する消費者が増えるでしょう。
もはや、ブラウザで文章を読ませる時代は終わり、動画で直感的に見られるマーケティングが今後の主流になるのです。
その意味でも、早く動画マーケティングに参入しノウハウを蓄積した企業が今後のマーケティング勝者になるといえるでしょう。