LINE公式アカウントで読まれる文章の書き方

近頃は集客やリピーターを作るために「LINE@」を使う企業も増えています。でも今までのSNSとは違うからこそ、どんな文章を書いたら読んでもらえるのかわからず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

短い文章のなかに何をどのように伝えたら読んでもらえるのか?LINE@の読まれる文章の書き方について説明していきたいと思います。

LINE@は初心者でも投稿しやすい理由

LINE@は他のSNSと比較しても、ライティング経験の少ない初心者にもおすすめです。そもそも1回に送信できるメッセージは500文字という制限があります。500文字の吹き出しを合計3個まで送信できるので、より具体的にいうのであれば1,500文字までLINE@で送信ができます。

通常友達や家族とのやりとりをするのにLINEを使う人が多いと思いますが、手軽に送信できるSNSだからこそ500文字でもちょっと多いかなと感じるはずです。LINEで長い文章を送られてきたとしても、縦長すぎて最後まで読みたいとは思えません。

正直スクロールするだけでも面倒くさいな…と感じるはずです。LINEはそもそもチャットのような役割をしているので、まとめた文章を送信するものではありません。また、LINEの特性になるのですが、文章のなかに写真を含めることができません。

見出しをつけたり、文字の装飾をするのもLINEではできません。どんなにライティング経験が豊富な人だとしても、テクニックを生かせない環境では技術が役に立たないのです。

LINE@はあくまでもチャットツールとしてのやりとりに使うものとイメージしたほうが、わかりやすいと思います。このあたりも考慮しながらLINE@の投稿文を考えていきましょう。

LINE@で読まれる文章の書き方のポイントは?

LINE@で読まれる文章にはいくつかポイントがあります。せっかくLINE@を生かすのであればできるだけ多くの人に読んでもらいたいものですよね。LINE@で読まれる文章の書き方について説明していきたいと思います。

改行と空白を適度に入れる

LINE@の場合、スマホで読むことを考えると1つの文章はできるだけ短めにする必要があります。文字が連続した状態だとLINE@は読みにくくて仕方ありません。文字の大きさも均一ですし、装飾もない文章が続くので、途中で読むのを辞めてしまう人も少なくありません。

実際にプライベートでLINEを使うときに、文字の改行や空白を適度に入れて調整したうえで送っている人が多いのではないでしょうか。LINE@は横に10文字から多くても15文字程度に抑えておくこと、文章としてかためるときは4行~5行程度にしておきます。

話の内容が変わるときなど空白の行を適度にとるなど、文章にメリハリを付けて読みやすい文章に整えるようにします。また、相手によっては絵文字を使うのもLINE@では読みやすく、親しみやすい文章にするためのコツです。

ただし過剰に入れすぎてしまうと、稚拙な印象になってしまうので気をつけてくださいね。

セールス文章はLINE@に載せない

LINE@をビジネスの一環として行っている場合、そんなに短い文章で商品やサービスの良さをどうやって伝えたらいいの!?と思う人もいるかもしれません。

LINE@はブロックされてしまう可能性があるので、本文のなかにセールス文章を載せるのはおすすめしません。長文を載せるのに向いていないこともあり、セールス文章との相性が悪いのもわかると思います。

もしLINE@でセールスレターも含めたいときは、URLを載せて専用のページを作るようにしてください。クリックすると自動で飛べるように調整しておけば、伝えたいこともしっかりと届けられますね。

コミュニケーションを積極的にとる

LINE@を見ていると、「今日の投稿内容が気に入ったらスタンプを押して下さい」とか「質問事項があればお気軽にメッセージを送ってください」など、なにかと呼びかけをして積極的にコミュニケーションを取っているのに気付くのではないでしょうか。

この文章があるだけでもフォロワーからスタンプを送ってもらったり、質問を送ってもらうなどのコミュニケーションにも繋がります。

スタンプ以外には質問やクイズ、アンケートなどコミュニケーションをとると、親密な関係を築くことにも繋がります。もちろんフォロワーからスタンプをもらったときに、お礼の返信をするのを忘れないようにしてくださいね。

語りかけるような文章にする

LINE@は手軽に使えるSNSでもあります。そのため教科書のような決まりきった形の文章では伝えたいことも伝わらなくなってしまいます。

読み手にLINEの文章をしっかりと読んでもらうためにも、語りかけるような文章にして親近感を持ってもらうようにします。実際に目の前に相手がいて話しているようなイメージでLINE@の文章を考えます。

まとめ

LINE@で読まれる文章を書くためのポイントを紹介しました。500文字程度の限られた文字数のなかで伝えなくてはいけないからこそ、重要なポイントをしっかりとまとめつつ、リンクを使うなど調整しながら読まれる文章を作ってみてくださいね。