ツイッターでシェアされる文章の書き方

現在はソーシャルメディア時代ともいわれるように、SNSがとても重要な存在になりました。コンテンツを拡散してもらう為にも、思わずシェアされるような文章を書きたいと思っている人もいると思います。シェアしたくなる文章になるためには、どんな書き方をすればいいのでしょうか。

人が思わずシェアするのはどんなとき?

今では珍しいものではなくなりましたが、思わずシェアしたいと思うのはどんなときだと思いますか。有名な心理学の考え方でもあり、経営学にも応用される理論の「マズローの欲求五段階説」で考えていきたいと思います。

そもそもマズローの欲求五段階説は“人間の動機づけに関する理論”として生まれたものになります。人間が誰もが持っている欲求を5段階に階層化して解説しているものになります。

主に「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛の欲求」「承認の欲求」「自己実現の欲求」となり、人がシェアしたくなるときに働いているのは所属と愛の欲求・自己実現の欲求が動機として働いていると考えられています。

誰かと自分の思いを共感しあいたいという根本的な欲求と、自分の存在を他社に認めて欲しい、社会に認めて欲しいなどの欲求が働くと、思わずシェアしたくなるといわれています。

また、人間はできるだけ苦痛など痛みを伴いたくないものです。記事のなかでネガティブなものは、読んでもわざわざシェアをしたいとは思えず、ポジティブな内容のほうがシェアされやすいともいわれています。

シェアされている記事を見て見るとユーザーの欲求に対してどれだけ刺激させ、満足できているのかによっても変わります。自分がシェアした記事に対して周りの人からできるだけ多く反応して欲しいと思っています。

そのため新しい発見などの「おもしろい」内容はもちろん、「なるほど」と人間の関心や興味を惹き付けるような内容のコンテンツを作る必要があります。

Twitterでシェアされる文章の書き方とは

では実際に、Twitterでシェアされる文章を作るためにはどんな書き方をしたらいいのかについて説明していきたいと思います。読んでもシェアしたいと思える記事とシェアしたいと思えない記事にはどんな違いがあるのでしょうか。

ありふれた情報ではない記事

現代はネット社会でもありちょっと検索すればさまざまな情報が出てきます。そのためユーザーにとっても「あ、これは知ってる」なんてことも多いのではないでしょうか。

すでに自分で知っていて世の中にありふれた情報に対して、わざわざシェアしたいとは思えません。シェアしたとしても「そんなの知っている」といわれてしまうのがオチですし、承認欲求が満たされるわけでもありません。

ありふれた情報は面白みがないのです。

短時間で訴えかける文章にする

コンテンツを作るときに長い文章でダラダラと書くよりも、短時間でユーザーに対して訴えかけるメッセージ性の強い記事にすることも大切です。もちろん必要に応じて長文が必要になることもあるので、価値のある内容であれば長文にしてもOKです。

できるだけダラダラと文章を書き綴るのではなく、段落をこまめに分けてみたり、必要に応じて見出しや箇条書きを使うなど構造の仕組みをわかりやすくするのもポイントです。文章のメリハリをつけるだけでも読みやすく、中身が伝わりやすくなりますよ。

図解や画像も取り入れること

文章だけで伝えると伝わりにくくなってしまう内容もあります。文章だけにとどまらず、インフォグラフィックだったりスライドなどの形式を取り入れるなどさまざまなアレンジを入れることも必要です。

視覚的にアピールするための画像を使うこともありますし、文章だけでなく総体的に判断したときにどの形が一番伝わりやすいのかを考えてみてください。図解や画像を取り入れるだけでもわかりやすいコンテンツになるはずですよ。

ストーリー性をもたせる

文章を作るときに起承転結などのストーリー性をもたせることも必要です。文章にはこういったメリハリがあるほうが読み進めたいと思えますし、伝わりやすい文章を作ることにも繋がります。

ユーザーの心を打つようなストーリー性のある文章にするためには、わかりやすい文章で書くこと、キャラクター設定を取り入れ会話式にしてもいいと思います。また文章のなかでユーザーに対して共感を生み出すことで、思わずシェアしたいと思える文章にもなります。

他にもTwitterにシェアしてもらうような文章を意識するのであれば、できるだけポジティブな内容にするのをおすすめします。

まとめ

Twitterにシェアしてもらうためにはどうしたらいいのかは、もし自分がユーザーの立場になったときにどんな内容であればシェアしたいと思うのかを考えてみるといいと思います。

新しい発見や気づき、面白いと思ってもらえるコンテンツには自然とシェアも集まるものです。他の人にも読んでもらいたいと思える文章かどうかがポイントになります。