トリプルメディアとは?それぞれのメリットとデメリット

デジタルマーケティングが主流になってきた今だからこそ、生まれた考え方に「トリプルメディア」があります。これは宣伝する媒体を3つに分類したものになります。

トリプルメディアについて一度は耳にしたことがあるものの、どんなものなのかわかっていない人もいると思います。今更聞けないトリプルメディアについてわかりやすく説明します。

トリプルメディアとは?

トリプルメディアは広告業界用語の一つになり、フレームワークの一つになります。2009年に日本アドバタイザーズ協会ウェブ広告研究会が提唱したものになります。この考え方が生まれたきっかけは、2016年にSNSが普及したことにあるとされています。

企業や団体がマーケティングを行ううえで接点となるメディアを3つに分類しています。それぞれが独立したメディアになりますが、相互関係によって繋がっています。

ペイドメディア(集客・仲介)

ペイドとはお金を支払う意味を持っています。マスメディア(TVや雑誌など)やインターネット広告などのお金を出して購入できる広告のことをいいます。ターゲットを絞った広告ではなく、不特定多数のユーザーに対してアプローチを行うものになります。

発信のターゲットはオウンドメディアやアーンドメディアでは接触するのが難しい層を対象にしています。宣伝を見ている人の人数も多いので、ベイドメディアの効果は絶大です。お金を出している分、短い時間でも十分に効果が出せるのも大きなメリットになります。

その反面、どうしてもコストがかかってしまい費用対効果が見合わないこともあります。ときには高額なコストをかけてもそれが無駄になってしまうこともあります。

ペイドメディアを使った広告を行うときは、しっかりとターゲット層を絞ったうえで行わないと損をすることになります。ペイドメディアは、新規のプロモーションなどの短期間で集客したいときに効果があります。

オウンドメディア(発信)

所有する意味を持つオウンドメディアは、WEBサイトやブログなどのインターネット上の広告を始め、パンフレットなどの情報発信も含まれます。近頃はこのオウンドメディアが主流になりつつあります。

ユーザーとの距離を縮めていき、信頼関係を築いていくことが重要な課題にもなっています。オウンドメディアは不特定多数の人向けの宣伝ではなく、ある程度興味を持っていたり、自分で下調べをしている人がターゲットになります。

そのためメディアとしての質を求められることもありますし、より専門的な知識が必要になることもあります。オウンドメディアは比較的低下価格で広告ができますが、その反面すぐには効果が実感できないデメリットもあります。

一時的なものではなく継続的に情報を発信し続けなくてはいけないので、その点を大変だと感じる人もいると思います。

アーンドメディア(拡散)

SNSを使った拡散方法のことをいいます。LINE@やFacebook、Twitter、Instagramなど多くの人が利用しているものばかりです。トリプルメディアのなかでも一番手軽にできるものなので、誰でも一度利用したことがあるのではないでしょうか。

アーンドには受け取るといった意味がありますが、トリプルメディアの考え方としては信頼や評価を受けるといった意味合いで使います。アーンドメディアは若い世代に拡散したいときに最適な方法になりますし、他の方法よりもその拡散力の強さが特徴でもあります。

「なるほど」と思ってもらえば自然に拡散し宣伝に繋がります。インフルエンサーなどを利用して情報を伝えることでバズらせることもできます。いいねを通してファンを獲得するなど促進することにも繋がります。

費用面の負担もほとんどなく宣伝できるのがSNSの良さでもあります。ただし短期間で成果を出すのは難しく時間がかかるなどの難しい点もあります。ターゲットをしっかりと絞ったうえでどんなコンテンツを届ける必要があるのかを考える必要があります。

また炎上などのトラブルが起きたときにすぐに対応できる用に管理したり、監視をすることも必要になります。SNSについての知識も身につけておかないと、宣伝として利用できなくなってしまいます。オウンドメディアでは届かない層に宣伝したいときにおすすめです。

トリプルメディアの特性をそれぞれ活かす

トリプルメディアは単体で使うよりも、それぞれの特性を上手にいかしつつ連携させる必要があります。単体で運用するよりも何倍も高い効果が期待できます。

そのためには、まずはペイドメディアで幅広い層に認知してもらったうえで、インターネットなどを使い自社に対しての理解を深めていきます。さらにSNSを駆使したアーンドメディアを使って長いファンを獲得する流れが、最も効果的な方法になります。

まとめ

トリプルメディアをそれぞれいかしながら、最適な方法を使って宣伝できるようにしていきましょう。それぞれの特徴を知り、メリットやデメリットを把握することも大切です。